page contents

初めてでも絶対に失敗しないバルクアップhmbプロの効果と口コミ

たった数粒飲むだけで筋肥大が促進する驚きの方法を特別に公開中!

知らないと損!プロテインよりhmbを選ぶ4つの理由とは?

  

プロテインとHMBの違いは何?

hmb クレアチン

 

どのようなトレーニングとサプリメントを

摂ることで筋肉を効率的に

つけられるのでしょうか。

 

 

筋肉をつけたいと思う多くの人が

まず思い浮かべることはプロテイン

だといいます。

 

 

最近では筋肉をつけるために

そのプロテインの20倍の効果がある

HMBという成分が広く使われ始めています。

 

 

今回は話題の成分、プロテインとHMBの違い

について、紹介していきたいと思います。

 

 

HMBがあればプロテインは必要ない?

hmb クレアチン

 

プロテインとHMBは大きなくくりでいうと

同じ種類の成分です。

 

 

理由は、HMBはプロテインが摂取され、

体内で分解・代謝されていく過程での

最終的な代謝物として現れるものだからです。

 

 

その過程には、プロテイン→ペプチド→

アミノ酸→ロイシン→HMBとなんと5段階の

分解・代謝の過程をも踏みます。

 

 

分かりやすく言うと、プロテイン(世界)→

ペプチド(アジア)→アミノ酸(日本)→

ロイシン(東京)→HMB(港区)の

ようなイメージです。

 

 

プロテインとHMBの一線を越えた効果とは?

hmb クレアチン

 

まず、プロテイン摂取の主な目的は

タンパク質を体内で分解し、

アミノ酸など小さな単位に分解・代謝します。

 

 

そして、トレーニングで傷ついた筋肉の修復と

超回復促進を目的として摂取されます。

 

 

対して、HMBはダイレクトに運動中の

筋肉に作用し、筋肉の損傷を抑えたり、 

筋肉合成を促進します。

 

 

そのことが、筋の疲労軽減や回復にも

つながってきます。

 

 

プロテインとHMB早いのはどっち?

hmb クレアチン

 

プロテインは吸収されるのに7~8時間かかる

とされています。

 

 

一方、HMBは摂取後からしばらくして、

すぐに筋肉に直接作用しはじめます。

 

 

ですので、プロテインは主に寝る前などに飲み、

寝ている間に身体を作るために用いたり、

HMBは運動前後に飲むことで、

 

 

筋肉の疲労軽減や筋肉合成促進の働きを

期待して摂取します。

 

 

また、プロテインの中でもホエイプロテイン

は吸収が早く、大体1~2時間で身体に

吸収され、利用されます。

 

 

プロテインとHMBで簡単には取れるはどっち?

hmb クレアチン

 

プロテインは主に粉末なので、

シェイカーなどで水分と混ぜて摂取します。

それに対してHMBはタブレットなので

手軽に摂取できます。

 

 

ホエイプロテインは吸収が早いので、

運動の前に飲むことで、筋肉の分解を

抑える効果も期待できますが、

 

 

水分もそれなりに取るので

運動への影響も考えられます。

 

 

プロテインとHMBで使いやすいのはどっち?

hmb クレアチン

 

さらに、持ち運びにも粉末を持ち歩くのは

難しく、シェイカーなどに必要量を入れて、 

摂取する直前に混ぜて飲むという形を取ります。

 

 

ですので、何かとかさばったり、衛生的な問題

も出てきます。

 

 

プロテインとHMBの摂り方で変わる筋肉とは?

hmb クレアチン

 

一方、HMBはタブレットなので

持ち運びには問題ありませんし、

何かに混ぜてとかす必要もないので

手軽に摂取できます。

 

 

運動前に数粒飲んでおくことで、確実に筋肉の

分解抑制効果や筋肉の合成促進効果を期待できます。

 

 

特に運動後30分間はゴールデンタイムと呼ばれ、

身体の吸収力が高まっており、

この時に効果的にタンパク質を摂れると

筋肉合成を促進できます。

 

 

プロテインとHMBの驚くべき摂り方の違いとは?

hmb クレアチン

 

そのため、運動後30分以内にはプロテインや

HMBを摂る必要があります。

 

 

ホエイプロテインの場合には移動先で飲む場合、

2つのシェイカーに運動前・後ように

粉末を入れておく必要が出てきます。

 

 

一方HMBでは、運動中やその前後に

2錠ずつ摂取するということも極めて容易です。 

そういった使い勝手の面でもHMBは優れています。

 

 

プロテインとHMBの効果的な量とは?

hmb クレアチン

 

プロテインは一回の摂取で28g程度が一般的

です。

対して、HMBは1日の摂取で1g~3gとされています。

 

 

ある実験の報告よると、HMBを摂らない被験者と

3g摂った被験者と6g摂った被験者の比較では、

 

 

「HMBを摂らない被験者より3gを摂った

被験者の方が筋量増加」

という結果が現れました。

 

 

また、

「6g摂った被験者は逆に筋量の減少が見られた」

 とあります。

 

 

ですので、多くとれば効果がより出る

というわけではなく効果的な容量があります。

 

 

プロテインからHMBへ分解・代謝とは?

hmb プロテイン

 

1日の必要量のHMBを摂取するにはなんと、

プロテイン20杯分が必要となります。

 

 

そして筋肉合成に特に強い働きのあるアミノ酸、 

ロイシンから、HMBに代謝されるのはわずか

5%しかありません。

 

 

なので、1日に必要なHMB3gを摂ろうとすると

ロイシン60gが必要になります。

 

 

ロイシン60gというと、お肉に換算すると

ステーキ3㎏分にもなります。

 まさかその後に運動は難しいです。

 

 

プロテインとHMBの狙いの違いとは?

hmb プロテイン

 

このように同じタンパク質の仲間では

ありますが、その効果の出方の違いにより、

使い方が変わります。

 

 

プロテインは多くの種類のアミノ酸から構成

されているため分解・代謝に時間はかかる

ものの、全体的に筋肉を作ることに働いてくれます。

 

 

対して、HMBは細かくされている状態なので

吸収率がとても高く、運動中に筋肉により多く

のタンパク質を送り届けることができます。

 

 

ですので、運動中の筋肉分解を抑制を

するだけでなく運動強度や回数も上げる

ことにつながってきます。

 

 

プロテインとHMBの衝撃の使い方とは?

hmb プロテイン

 

そのため、運動前後にはHMBを摂取すること

によるトレーニング強度アップと筋疲労を

抑えた効果的なトレーニングのために使用し、

 

 

そして、就寝前などにプロテインを飲むことで

寝てる間に、刺激を受けた筋肉を多くのアミノ酸

で修復、筋肥大させることが期待できます。

 

 

このようにプロテインとHMBは目的によって

使い分けた方が効果的です。

 

 

HMBとクレアチンの驚くべき併用効果とは?

また、HMBはクレアチンと併用することで

その効果を高めることが知られています。

詳しくはこちらの記事をご覧いただけると

よくわかります。

 

www.asitanotameno.life

  

 

◆HMBの驚異的な特徴とは?

hmb クレアチン

 

さらに、HMBには特に初心者の人にこそ効果が

大きく現れると実験の結果からも報告があります。

 

 

ですので、これから肉体改造をはじめようと

しているあなたには、より効果的に働きます。

 

 

プロテインの20杯分の効果を凝縮したHMB

凄まじさ。

 

 

プロテインやHMBそれぞれの特徴を

上手に使って、ダイエットや筋トレで

効率的に最速で理想の身体を手に入れよう。