page contents

バルクアップhmbプロを停止できない驚愕の効果とは?

たった数粒飲むだけで筋肉が肥大する驚きの方法を特別に公開中!

知らないと危険!bcaa摂取で衝撃の副作用とは?

bcaa 副作用 タイトル

▽▼▽▼▽▼▽▼▽

hmbランキングを見に行く

筋肥大に驚くほど効果的なbcaa効果とは?

bcaa 副作用 効果

 

bcaaとは必須アミノ酸の一種です。

 

 

アミノ酸とはタンパク質を構成

する成分なので、筋肉の材料とも

言えます。

 

 

そして、アミノ酸の中でもカラダ

では作れず、食べ物から摂取

しなければならないものを

必須アミノ酸と呼びます。

 

 

必須アミノ酸には9種類ありますが

bcaaにはその中の3種類が

組み合わさったものを総称して

bcaaと呼んでいます。

 

 

bcaaは

バリン・ロイシン・イソロイシン

というアミノ酸が組み合わさった

ものです。

 

 

必須アミノ酸の中で、

なぜこの三種類だけ取り出して、

特別に分けているのでしょうか。

 

 

bcaaが驚くほど筋肥大に効く3つの効果とは?

bcaa 副作用 筋肥大

 

それは、これまで

スポーツパフォーマンス向上の

ために多くの研究がなされて

きました。

 

 

その中でも、特に筋肉の発達や

運動パフォーマンス向上に

効果的な物質が見つかって

きました。

 

 

それが、このbcaaなのです。

 

 

人間の筋肉の元であるたんぱく質を

支える必須アミノ酸の中で、

およそ35%もの部分をbcaa

担っています。

 

 

つまり、bcaaをダイレクトに

摂ることで筋肉の動きの

パフォーマンスを高める効果が

期待できるのです。

 

 

bcaaには主に3つの働きが

あります。

 

 

あっという間に筋肥大するbcaaの凄い効果とは?

bcaa 副作用 超回復

 

1つは筋肉の合成促進効果です。

 

 

筋肉の材料として、bcaaを

摂取することで筋トレで

消耗したエネルギーや材料を

 

 

補給して効果的な超回復

促します。

 

 

⇒初心者でも解る!筋肥大効果の超回復とは?

 

 

筋トレ効果を無駄にしないbcaaの優れた効果とは?

bcaa 副作用 分解

 

2つ目は、

筋肉の分解抑制です。

 

 

筋トレや運動などで筋肉が

消耗すると、足りなくなった

エネルギーを他の筋肉を

分解して、

 

 

筋肉が働くように

調節する機能がカラダには

あります。

 

 

そのため、せっかく筋トレや

運動をしても、筋肉の

エネルギーが足りずに

 

 

分解してしまっては

もったいないです。

 

 

そこで、bcaaを補給しておく

ことで筋肉の分解を防ぎ

筋トレや運動を効果的に

行うことが可能となります。

 

 

脳や神経にも効く?疲労感を取るbcaa効果とは?

bcaa 副作用 疲労感

 

3つ目は疲労軽減です。

 

 

アミノ酸の一種であるbcaaは

中枢神経系へ働きかけ、

脳の疲労感を軽減する効果が

あります。

 

 

人間の疲れには、カラダの

体力が落ちるということも

1つの原因ですが、

 

 

その前にまず、脳の疲労が

先にきます。

 

 

カラダはまだ動ける

エネルギーがあるのに、

先に脳が疲労を感じることで、

 

 

ギリギリまでカラダが

追い込まれることから守る

作用があると考えられています。

 

 

これが、スポーツの現場で

よく言われる、生理的限界

心理的限界と言われるものです。

 

 

bcaaで生理的限界まで筋肉を追い込める理由とは?

bcaa 副作用 生理的限界

 

人間は生理的限界の遥か手前で

心理的限界により、運動を

ストップしてしまうのです。

 

 

そのため、この心理的なリミットを

出来る限り外してトレーニング

できる人がスポーツでも

 

 

トップレベルでプレーすることが

可能になってきます。

 

 

心理的限界を外す方法としては、

1つは「大声を出す」ということ

も非常に効果的です。

 

 

そして、bcaaを摂ることで

生理的限界値がより高くなる

ので、より強度や量を多くした

トレーニングが可能になります。

 

 

知らないと危険!bcaaの恐るべき副作用とは?

bcaa 副作用 飲み方

 

bcaaにはこれらの3つの効果が

ありますが、筋肥大に高い効果

がある一方で、副作用の心配は

ないのでしょうか。

 

 

bcaaを適正量摂取していれば、

副作用の心配はありません。

 

 

しかし、適正量以上を過剰に

摂ったケースでは内臓に負担

をかけます。

 

 

サプリメントとして摂った

bcaaは通常は筋肉内で

使われます。

 

 

しかし既定の量を過剰に摂った

場合は筋肉内で全てを

使い切ることができず肝臓で

分解されることになります。

 

 

筋肉内で使いきれずに余分に

なってしまったbcaaを肝臓で

分解する時には肝臓を酷使する

ことになります。

 

 

日常的に肝臓を酷使してしまうと

肝臓の機能が下がってしまうこと

になります。

 

 

一度なったら戻らないbcaa副作用の危険性とは?

bcaa 副作用 肝臓

 

肝臓はアルコールなどの解毒や

たんぱく質などを代謝し

エネルギーや栄養を作り出す

働きがあります。

 

 

日々の肝臓の働きに加えてbcaaを

代謝することで使いすぎと

なってしまい肝機能の低下を

招いてしまう恐れがあります。

 

 

さらに、肝臓だけならず腎臓にも

負担をかけます。肝臓で代謝され、

 

 

老廃物となったbcaaは血液を

通って腎臓でろ過されカラダの

外へ排せつされます。

 

 

そして、一度低下してしまった、

腎臓機能は元に戻ることは

ありません。

 

 

1日のbcaa摂取の適正基準量

は4000㎎と言われています。

 

 

bcaaの摂りすぎには注意が

必要です。

 

 

 

hmbとbcaa効果の驚きの3つの共通点とは?

bcaa 副作用 腎臓

 

ところで、これまでbcaaの

3つの効果を見てきましたが、

どこかで聞いたことは

ないでしょうか?

 

 

そうです、これはhmbの効果と

似ています。

 

 

なぜなら、hmbはbcaaに

含まれるロイシンの代謝物で、

そのため効果が似ています。

 

 

bcaaは筋肉の働きに大きな

関りがありますが、

その中でも特にロイシン

最大の影響力を持っています。

 

 

通常bcaaの

バリン・ロイシン・イソロイシン

の割合は1:2:1や1:4:1

 

 

など、ロイシンが他を圧倒する

配合になっています。

 

 

筋肉=プロテインからhmb開発までの歴史とは?

bcaa 副作用 プロテイン

 

そして、hmbとはそのロイシン

からわずか5%しか代謝されない、

最も筋肉合成に関わる成分なのです。

 

 

これまで、筋肉をつけるには

タンパク質をとったほうが

いいということが初めに

言われてきました。

 

 

そのため、プロテインなどが

開発され、多くのアスリートや

筋肉をつけたい人が摂取して

いました。

 

 

時代とともに研究が進み、

タンパク質がさらに細かく

分けて摂取した方が

 

 

効果があったと、

bcaaというものが

開発されました。

 

 

そして現在、最新の研究では

筋肉をつけるにはhmbが最も

 

 

効果的であるとbcaaの中の

ロイシンをさらに分解した

hmbが開発されました。

 

 

hmbやbcaaを副作用の危険性なく効果的に摂る方法とは?

bcaa 副作用 過剰

 

これが、現在hmbが筋トレサプリ

として注目を集めている理由です。

 

 

サプリメントは栄養補助「食品」

なので、安全性は極めて高いです。

 

 

しかし、どんなカラダに良いと

言われるものでもですが、

過剰に摂りすぎることはかえって

健康によくありません。

 

 

bcaaやhmbサプリメントを

摂る場合には、適正量や飲み方を

守って、継続して使い続けられる

ことが大切です。